STAFF BLOG

会長・岡﨑洋一郎初めてのブログ【永遠の友、C・W・ニコルさんありがとう】

皆さん、こんにちは。

いつも私たちSHUーHOUSEのブログを見てくださりありがとうございます❤️

第一日曜日ブログ担当の岡﨑紫津子です。

今日は会長に頼まれて、『初めての会長ブログ』を代筆させていただきます。

初めての会長ブログは、先日お亡くなりになったニコルさんとの想い出を綴ったものです。

少し、長くなりますが、もし宜しければご覧ください。

 

************

アファンの森は、新緑に向けて草木が萌黄色に芽立ち、花の季節を迎える頃・・・。

2020年4月3日、突然ニコルさんの訃報を知った。

二ヶ月が過ぎた今も悲しみと悔しさを噛み締める。

何時も穏やかに話していた姿が浮かんでくる。

いつの日か、アファンの森を訪ねよう。

風そよぐ木立の中を歩き、可憐な野草の花傍で腰を下ろそう。

目を閉じると大きな体のニコルさんが笑顔で現れる。

時を忘れて、心ゆくまで彼と語り合いたい。

誇り高き日本人、永遠の友、C・W・ニコルさん。

ありがとう。

岡﨑洋一郎

 

************

コロナ対策で、令和2年5月はステイホームということで、今までとは全く違ったゴールデンウィークになった。

日本だけではなく、世界中の新型コロナウィルスの情報が毎日、新聞やメディアで報道され、1日も早く収束させるべく政府やその他の多面的な対策が主導された。

ゴールデンウィークの「G・W」という文字を新聞で目にするたび「C・W」と重なり心が締め付けられた。

30年あまりの親交が続いたC・W・ニコルさん。

大きな体、優しい瞳、紅潮した顔、酒を飲んでは熱く語り合ったこと等、想い出は尽きない。

私が捕鯨銃や猟銃のミロク製作所に勤務していた関わりからニコルさんと最初の手紙のやり取りが始まり、その後、ミロクの工場を案内した。以来30年余り、肩の張らない親交であったように思う。

土佐室戸では、勢子船(鯨捕り)の古式捕鯨で栄えた歴史があり、その絆で「キラメッセ室戸 鯨館」が開設され、ニコルさんは名誉館長を務めた。

又、夏季大学講師や、その他の講演等でも幾度となく来高されたが、その都度案内し、充実した時間を共に楽しみながら親交を深めることができた。

特に、初めて連れて行った私の小さな孫娘にも、大きな体で優しく馴染んでくれました。今でもその時の様子が、鮮やかにそして懐かしく思い出されます。

ニコルさんは、イギリスの南ウェールズに生まれ、17歳でカナダに渡り北極や野生生物調査、捕鯨調査等で知られています。

他にも日本での活躍ぶりは皆さんも周知のことと思います。東京での著書出版、そして日本国籍を取得。自然を愛し、自然を受け止め「日本の森の本来あるべき姿と環境づくり等、充実した生活を日本の子供達のために創りあげたい」と情熱を燃やし、生き生きと活躍の場を拡げて行きました。

「アファンの森10周年パーティ」には、室戸のキラメッセ当時より友人の多田運さんと西日本科学研究所の近自然河川工法で知られる福留修文ご夫婦等と参加し、楽しい記念写真を残している。

私は1939年2月生まれ。ニコルさんは1940年7月生まれで、1歳半ほど彼が後輩である。

4年ほど前、私が胃がん、彼が初の腸の初期がんの手術を受けたが、その時はお互い励まし合って養生。その甲斐あって共に体も順調に回復し、健康を取り戻した。

忘れもしない、2017年7月15日(土)室戸で二人が再会。嬉しくてお互いが全快を祝いあって思いっきり3日間を過ごした。恒例の「土佐室戸捕鯨船競漕大会」等のイベントにも参加。潮の香りを胸一杯にした私たちは青年のように高揚し、楽しく最高の交流ができた。

令和元年10月30日(水)東京にて<心に木を植える>と題した講演があり、社会人として東京で働く孫娘が喜んで参加し、ニコルさんと久しぶりの再会。その時、「令和2年のG・W頃に、家族でアファンの森と黒姫のニコルさんをぜひ訪問したいと父が言っている」と伝えたようだ。

このプランを孫娘たちと共に楽しみにしていたが、今年になり予期せぬコロナウィルスで状況が変わり、《期待のプランの延期もやむを得ないか・・》と思っている最中、突然のニコルさんの訃報に驚愕し、本当に心が滅入った。

この思いがけない別れは辛く淋しいが、溢れる程の思い出を残してくれたことに心より感謝している。

あらためてニコルさんとの写真や手紙、私の拙文等からピックアップしてみると、30余年間ためていた中には見つからないものもあり、思うように揃わず残念だが、この貴重な手紙や絵葉書等を整理しながら「大好きなニコルさん」との交流を幾度となく振り返っている。

令和2年5月15日 記

(この他にもまだまだたくさんのニコルのサイン入り著書は宝)

************

以上、会長からでした。

会長からこの手記を受け取って、今、読みながらブログに記していますが、会長の胸の内を知り、私まで淋しい気持ちが増してきました。同時に、ニコルの残してくれたたくさんの想い出がとてもかけがえのない、有り難い時間だったとあらためて感じています。


大好きなニコルと高校生の頃の娘

************

長文になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

初めての会長ブログは少し淋しくもあたたかくもあるものでしたが、又会長も登場すると思いますので楽しみにしていてください♪

 

大好きなC.W.ニコルはきっとアファンの森に

皆さまこんにちは。

新型コロナウィルスの影響により、不安な想いをされておられるすべての皆様に謹んでお見舞いを申し上げますとともに、一刻も速い事態の収束を心よりお祈り申し上げます。

第1日曜日ブログ担当、おしずこと経理部の岡﨑(紫)です。

環境保護活動で知られる作家のC.W.ニコルさんが今月3日、天に還られました。

今日は大好きなニコルが以前SHU-HOUSEに来てくれた時のことをお話させていただこうと思います。

イギリスウェールズ生まれのニコルが1962年(50年以上前)に空手の修行で初来日されたころは、日本には美しい自然と、自然と共に生きる人々の暮らしがあったそうです。

『日本は美しい森にあふれていました』
日本はもっとも生物の多様性に富んだ風土を持つ国だそうです。そこに住まう人々は自然を愛する繊細な文化を持っていましたが、高度経済成長期以降、経済の発展のために、その自然の素晴らしさに背を向けるようになっていったそうです。

人間の都合に合わせた自然につくりかえられてしまった森は野生動物を棲まわせたり、水をきれいにしたり、土をつくったりする豊かな力を失ったと教えてくれました。

『日本本来の美しい自然環境を取り戻したい』
一見緑に覆われているように見えながら、生態系としてのバランスを崩してしまった日本の森をなんとかしたい。大好きだった、美しかった本来の日本の森に戻したい。

この想いから、長野県に荒れ果てた里山を購入し、「アファンの森」~風の通り道~と名付けて間伐や除草などによる森の再生活動を始められました。また保護活動家として地域本来の森や川、海などの自然環境を取り戻すことに力を注いでいらっしゃいました。そしてクリスマスにはSt,ニコラスとなり子供たちに夢や希望を与えていました。とっても素敵で、私たち家族の尊敬する人物でした。

そんなC.W.ニコルさんと弊社の会長(岡﨑洋一郎)は40年近く親交があり、高知に来られたときはいつも楽しい時間を過ごさせていただいたものです。
(私の娘は2歳でニコルにお会いし、一瞬で大ファンに。ニコルが高知に来られたら学校を休んでニコルのところに出かけていきました。「ニコルが英語を話せるから英語を習う!」といい、そして留学するほどの英語好きに♪もちろん26年経った今でもニコルと英語が大好きです)

右)空港に見送りに行ったとき離れるのが嫌で泣き出したとき
左)昨年、東京で。おじいちゃんになったニコルと。

2011年東日本大震災以降は震災復興プロジェクトとして被災地の方々を森に招き、ストレスを抱える子ども、大人の心のケア活動や、被災地の森の再生活動も行っています。この時、社会人になった娘はお手伝いで参加させていただきました。
吉田茂人(ぽんちゃん先生)もご一緒です♪

不思議なことに、アファンの森では大人も子供も目に力が蘇り笑顔になるそうです。

みんなでオオカミの遠吠え(笑

今年はニコルの住む長野県の黒姫に出かけ、アファンの森で一緒に楽しい時間を過ごす予定でしたので、残念でなりません。一日いちにちと日が経つにつれもう会えない実感がわいてきてと淋しさが増してきます。

『この森(アファン)は「一体感」を与えてくれました。私が世を去った後もこの森は永く生きつづける、そう思うことで心がどれほど穏やかになることか。外国人であった私は、ようやく名実ともにこの国の一員となれたと感じています。』そうニコルは語ってくれました。

地球上の日本という国に暮し、同じように生きているのに、なんと果てしない先を見すえて活動されているのか。『木』を使い、家づくりをしている私たちの胸に大きく響いたお話を聞くことができたあの日を思い出しました。

コロナが終息したら、ニコルの愛したアファンの森に出かけたいと思います。

日本人より日本の自然を愛してくれた素敵な人。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

おしず♪「いまごろ本当は 十日町の雪花火だったのに」の巻

【おしず♪「いまごろ本当は 十日町の雪花火だったのに」の巻】

皆さん♪こんにちは。
第1日曜日ブログ登場のおしず♪こと、岡崎紫津子です。
今日から3月ですね✿春一番も吹いて陽ざしもあたたかくあちらこちらで桜も見かけるようになりました。
新型のコロナウイルスの感染が国内で広がっているということで心配ですが、不安なことばかりに気を取られず、窓の外を見たり、車で走っているときに少し止めて、ほんのひととき春の陽の光に癒されてください。

 

 

 

 

 

 

さてさて。
すこし前のことになりますが、昨年末で退職した監督の勝賀瀬くんと設計の和田くんの送別会の様子をお伝えします。
約10年間、監督として頑張ってくれた勝賀瀬くんは東京に引越して叔父さんの会社に就職。
新卒で入社してくれた和田くんは5年半を経て、住宅の設計から商業施設の設計へと転身するため退職しました。
スタッフの退職は本当に寂しいことですが仕方のないことでもあります。

 

 

 

 

たくさんの思い出を胸に、新たな人生を歩んでください!
また成長した姿を見せに来てちょうだいね♡
世間に揉まれてしっかり成長してまた帰ってきてくれるのもありですよ~♡

長いあいだ本当にありがとう~(泣)

スタッフ全員での昼食送別会の様子↓

 

 

 

 

年明けて、就職先が決定した報告に来てくれた時の様子↓

 

 

 

 

大きく成長できることを願っています。
いつでも遊びに来てね♪待ってますよ♪

健君も高知に帰って来た時は遊びに来てね♡

 

さてさて!題名にもありましたが、ワタクシおしずは、本当はこの3月1日は新潟で迎えるはずでした!
楽しみに、楽しみにしていた「越後妻有 雪花火」♡

 

 

 

 

「越後妻有 雪花火」は、越後妻有の雪原を舞台に花火を打ち上げ、闇のなかに真っ白な雪の世界を一瞬浮かび上がらせます。
澄んだ空気の中、鮮やかに、そして大迫力の冬の花火。雪の中に彩られた幻想的な灯り♡楽しみに楽しみにしていました♡

 

 

 

 

寒いの苦手な私たち夫婦が意を決して防寒着を購入し、航空券も購入し、ホテルも予約し・・

だけど・・・心配していた通り・・・出発の二日前・・・
中止の連絡がありました(泣)

ですよね。仕方ないです。今は。。。
来年をまた楽しみにリベンジツアー楽しみにしています♪

それまでコロナウィルスに負けない身体つくりを心掛けた生活習慣を送ります!
手洗いうがい、お風呂のとき湯船につかる、早寝、バランスのとれた食事を摂るetc・・・

皆さまも免疫を落とさない生活習慣で、ウィルスに負けないようにお気をつけてください。

最後までお読みくださりありがとうございます♡

『ママをやめてもいいですか⁉︎』豪田トモ監督と大泉洋さん、二人ともとっても素敵な方でした❣️

こんにちは。第1日曜日blog担当の経理の岡崎(紫)です。
東京からblog発信しています。

 

 

 

新型コロナウィルスが心配ですね。飛行機の乗客もほぼマスク。CAさんも皆さんマスクでした。東京に着いても、ほとんどの方がマスクをしています。皆さまも手洗い、うがいと、マスクをしてしっかり予防されてくださいね!

今回の東京出張では、マスクは外さない、消毒液持参。
急遽、電車はやめてレンタカーでの移動に変更して、人込みでの食事はせず、念には念をで行動しました。大袈裟かもしれませんが、今は感染拡大を防ぐためにしっかり自覚した行動することが必要だと感じました。

💡さて💡今回の東京出張の目的のひとつ

【ママをやめてもいいですか⁉】

 

 

 

90万人を動員した『生まれる』シリーズの豪田トモ監督、大泉洋さんナレーションの話題のドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか⁉』の完成試写会に、この映画のスポンサー企業となっている459LABOさんに招待していただき、社長と行ってまいりました🌸

日ごろからお世話になっている仲世古ご夫妻♡小林ご家族と合流して♪📷

 

 

 

 

 

 

音楽は爆風スランプパッパラ河合さんの作詞作曲で『ママをやめてもいいですか〜』と軽快なリズムから始まり🎶笑える場面満載ではじまりました🌸笑って泣ける共感度2000%の子育てエンターテイメント映画と謳っているだけあって、リアル。。。わかる!だから熱くなる。涙が溢れる。

 

 

 

印象的だったのは、こどもが生まれパパとママになる。運転免許で例えると仮免許のような状態でパパママとして世の中に放り出されて、いきなりの路上の実社会・・・パパは家族を養うために仕事に行く。日中ママひとり。夜泣き、ミルクやり、休む暇ない・・・。

パパはパパでお仕事を頑張ってくれているのもわかる。だけど、私たちママも大変なのよ!この気持ちわかって!言わなくても察して!

 

 

 

映画に出られていたママさんはみんな一生懸命で、すごいなぁ全力で頑張っているんだなぁと感心させられました。

ママやめてもいいですか?って言えるのはすごく頑張ってる証拠でした🌸

 

自分はというと、、。

私たち夫婦は主人23歳、私22歳でまだ若く、人としてもまだまだ未熟なとき、双子のパパとママになりました🌸初めての子育ては双子な上に超未熟児で小さく生まれたBabyで大変でしたが、主人が率先して手伝ってくれたことや、それぞれの両親も手伝いに来てくれたりと🌸恵まれていたなぁ✨

35歳の時、下の娘を出産。子育ての時は会社を設立したばかりで忙しかったけど、二世帯住宅だったので、ここでもまた助けてもらい仕事も頑張ることができました🌸有難いことです✨

どの家庭にもドラマがあり、どのパパとママもお子さんへの表現は違えども愛情たっぷりで一生懸命✨🌸

私たちの会社にもパパがいます。ママもいます。これからのパパやママも🌸子どもにたっぷりの愛情を注ぎ、夫婦で子育てしてるという充実感のある働き方ができる会社であるようにと頑く心に誓いました✨

感動シーンもいくつもあり、観終わった後は、舞台挨拶で豪田トモ監督と、ナレーションの大泉洋さんのスペシャルトークを1時間、もう面白いのなんのって❤️とっても素敵なお二人を間近で拝見し、充実した時間でした。

 

 

 

459LABOさん♡素敵な時間をありがとうございました。

 

 

 

Yahooニュースにも試写会の様子が写ってました。

 

「和顔愛語」の精神で♡

皆さま 明けましておめでとうございます。

昨年の後半は第4金曜日に登場しておりました、「おしず♪」こと経理部の岡﨑紫津子です。

今年の前半は第1日曜日に登場することになりました♪

 

第1日曜日ということで、うっかり八兵衛になりそうな気もするのですが、チームメンバーにお尻を叩いてもらいながらしっかり更新していきたいと思います。

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

あっという間に令和元年を経て令和二年になりましたね。

皆さまにとってどんな令和元年でしたか?

そして皆さまはどんな新年を迎えられましたか?

 

・・・私の新年を少しだけ・・・

 

弊社は9日間の年末年始休日でしたので、年末は自宅の大掃除、年始は挨拶回りなどなど、それはそれは計画して休日に臨みました。

 

かなり順序だて綿密に組んだタスクを次々完了したのも大晦日まで。

カウントダウン直前から、あれよあれよという間に具合が悪くなり、、、ついに体がダウン。

 

年始の予定は全て中止。

なんと、生まれて初めての、、、「寝正月」を体験しました。

しかも、半日~一日遅れで4人家族全員に次々バトンタッチ!

部屋の中でも寝込んでいるときもマスクをしていたのに全く関係なかったです。

救いはいっぺんに寝込まなかったことです♪

 

でも、会社も世間も休みの年始だったので、ゆっくりと心身ともに休むことができました。

こんなに休めたのは何年ぶりでしょう♡

きっとこれは、「今年は身体をだいじにしていくのだよ。」という天からのメッセージ。

暴飲暴食はやめ、適度な運動をしていく!身体を労わる!と固く心に誓った元旦でした。

 

あと、こうしてこの地で会社を経営させていただき、新年を迎えられたことの有難さを考える良い時間にもなりました。

私の大好きなアンミカさんが大切にしている「和顔愛語」の精神で、今年もスタッフと信頼を築きながら笑顔と愛ある言葉で和を築くことを大切にした一年にしようと心に深く思いました♡

 

いよいよ明日から仕事始め。

毎年、会社のある大津の氏神様にスタッフ一同、昨年の御礼を申し上げ、今年のご挨拶をさせていただきます。

そのあとは新年食事会、レクリエーションのボーリングで楽しみます!

 

皆さま、2020年も私たちシュウハウス、Group「One’s style」 をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

最近の記事

  1. 2020.07.10

    大活躍
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

PAGE TOP